モンドセレクション受賞をアピールする商品について

育毛の基礎知識

数年前から、育毛剤や育毛シャンプーの公式サイトで、「モンドセレクション(Monde Selection)」というキーワードをよく見かけるようになりました。

SUNTORYのビール「プレミアム・モルツ」のPRで、この言葉を知った方も多いと思います。ここでは、この賞について、簡単に紹介したいと思います。

モンドセレクションとは

3年連続で最高金賞を受賞し、一躍その名を広めた、SUNTORY「プレミアム・モルツ」の公式サイトでは、「モンドセレクション」について、

モンドセレクションは、世界中から優れた製品を発掘・顕彰することを目指して、1961年から運営されている世界的な品評会です。ビール・ワイン・食品・化粧品などの分野があり、毎年80か国以上から3000点を超える商品が出品されております。
応募商品は、70名以上の国際専門家が構成する各セレクションの審査員グループによって、品質を審査・評価され、最高金賞、金賞、銀賞、銅賞の4段階の賞が授けられます。

参考:http://www.suntory.co.jp/beer/kaoruale/mondeselection/

と、記載があります。この品評会は、民間団体のようですが、ベルギー連邦公共サービスにより、指導及び監査を受けているようです。

モンドセレクション(Monde Selection)とは食品、飲料、化粧品、ダイエット、健康を中心とした、製品の技術的水準を審査する民間団体であり、ベルギー連邦公共サービスより指導及び監査を受け、モンドセレクションより与えられる認証(この組織では賞と表記している)である。

参考:https//ja.wikipedia.org/wiki/モンドセレクション

ベルギーでは、消費者保護は連邦政府の監督下にあり、二つの連邦公共サービス「FPS(Federal Public Service)」が担当しています。

FPS「経済・中小企業・自営業及びエネルギー」は、経済活動・社会生活全般にわたる観点から、「消費活動を行う国民すべて」を消費者と捉え、保護・啓発に関する政策を実施する。
なかでも同FPSの「執行と調停総局(ADCB)」は、消費者政策の根幹となる法制度整備を行うと同時に、別名『経済警察』とも呼ばれることもある踏み込んだ案件調査力が法的・制度的に保障されており、裁判外紛争解決手続(ADR)の主たる第三機関として位置づけられている。

参考:http://www.caa.go.jp/adjustments/findings/honbun_3_1_4_a_1.html

つまり、モンドセレクションは、民間団体ではありますが、国から厳しく監督を受けるベルギーの、50年以上の歴史がある品評会の「認証」でもあり、そこで受賞するということは、世界的な「商品の品質保証」と「知名度」が受けられるという点で、マーケティングツールとして人気があるようです。

>>モンドセレクション公式サイト

モンドセレクションの審査の基準は?

モンドセレクションは、公式サイトから1,100ユーロを支払い、誰でも申し込みができます。ただ、海外ということもありハードルは高く、コンサルティングに依頼するのが一般的なようです。

ある、モンドセレクション公認コンサルティングによると、料金は35万円で、「受賞できなかった場合、全額返金保証」「受賞率94.2%」など記載がありましたので、割と要件さえ満たせば、受賞自体は難しくないのかもしれません。

また、審査の基準や審査過程、認証発行数(受賞者数)については、非公開とされていて、受賞したメーカーでも受賞、落選の理由は、知ることができないそうです。

審査基準の詳細は非公表だが、「味覚」「衛生」「パッケージに記載されている成分などが正しいか」「原材料」「消費者への情報提供」等の項目だといわれている。

参考:https//ja.wikipedia.org/wiki/モンドセレクション

まとめ

モンドセレクションは、順位を競うものではないので、それぞれの賞の数に制限はありません。毎年50〜100点程度、日本の製品が受賞しています。そして、一度受賞すると、3年間パッケージなどに表示することができます。

本認証はコンクールスタイルを用いているものではない。相対評価ではなく絶対評価を用いているため、定められた技術水準を満たした商品には全て認証が与えられる。
モンドセレクションは国際的には知名度は低いが、日本国内での知名度は高い。審査対象品の5割が日本からの出品であり、日本の商品の高品質が認められ8割が入賞している。

参考:https//ja.wikipedia.org/wiki/モンドセレクション

ですが、宣伝目的であっても、モンドセレクションの受賞によって、成分や原材料に高い品質が証明されることに違いはありません。

第三者機関のお墨付きがあると、育毛剤や育毛シャンプーなど選ぶ際に、安心して使える成分なのか、一つの目安になると思います。


PAGE TOP