毛の種類

育毛の基礎知識

毛は、「胎生毛」「軟毛」「硬毛」の3種類に分けることができます。

胎生毛

胎生毛は、胎生期(赤ちゃんがお腹にいるとき)の毛です。

軟毛

軟毛は、本来太く硬くあるべき毛が細く柔らかくなった状態の毛です。軟毛の成長期毛の比率は30~50%程度で、50日前後が成長期、1日の伸長速度は0.03~0.1mmです。

硬毛

硬毛は、毛周期のうち、成長期が十分進んで、太く硬くなった毛です。

まとめ

胎生毛と軟毛は、構造的に一緒になっています。毛髄質がありません。通常はメラニン色素もなく、結果として細く短く柔らかい毛になります。

硬毛は中心より、毛髄、毛皮質、毛小皮の3種構造に分かれています。いずれも毛母細胞が分化してできた層構造です。

毛髄の発育速度には個人差があります。毛髄、毛皮質、毛小皮の細胞が角化して、髪を作っています。


PAGE TOP