慢性びまん性休止期脱毛の原因と治療方法

薄毛の原因

女性の薄毛の原因の一つに「慢性びまん性休止期脱毛」があります。休止期脱毛症に分類されます。

慢性びまん性休止期脱毛は、6か月以上かけて進行し、頭頂部にとどまらず頭部全域に脱毛症状が及ぶのが特徴です。

慢性びまん性休止期脱毛の原因

慢性びまん性休止期脱毛の原因には、

  • 甲状腺機能低下症
  • 甲状腺機能亢進症
  • 栄養障害(鉄欠乏性貧血、クラッシュダイエットなど)
  • 膠原病(全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎など)
  • 慢性腎不全
  • 肝機能障害
  • 糖尿病
  • 悪性腫瘍

などの内臓疾患があります。

これらの内臓疾患を持つ家族がいる場合には、特に早期に原因を発見し治療することで、回復する可能性のある脱毛です。


PAGE TOP